陶房青を訪ねて

行ってまいりました 陶房青^^

桜陶祭も終わり

陶器市の前の

静かな時を狙ってw
a0142763_11401437.jpg

有田から車を走らせて15~20分ほど長崎県波佐見町

新緑の季節

しかも小雨がぱらついていたのでしっとりした気持ちいい空間です。

a0142763_11402758.jpg

陶郷 中尾山といわれる窯元が集まる集落があります。

a0142763_11403473.jpg

橋の欄干にはでっかい壷が!

a0142763_11404763.jpg

軽自動車がやっとの細い坂道を上がってすぐのところに陶房青があります

a0142763_11405375.jpg

はいってすぐ右手に轆轤台

a0142763_1141128.jpg

代表の弟さんが回しておりました

a0142763_11411690.jpg

そして2階では素焼きされた器に絵付けを。ダミ筆という極太筆で

線引きされた中を塗りつぶしていきます・・・ぼくには無理な作業です><

絶対はみ出そう(笑)

a0142763_11412222.jpg

おぉっ!!これは!!!!
a0142763_11571376.jpg

シダ絵 新煎茶碗 大 の原型です!!!
これからまさに描かれていこうとしてるところですっっっっ♪
製作過程は知ってはいたけど、実際目の前にすると感動ですねw

一通り案内してもらった後

離れの応接室でお茶を頂き、1時間ほどお話を。

横には陶房青の商品とは違う、代表吉村 聖吾氏の陶芸家としての作品が展示。

ステキな間接照明でしたので、手持ちでは撮れず(泣)

フラッシュ焚くほど野暮じゃありません!


「最近の食事は食事ではなく、エサ化してると思います、悲しいですけど。」

コンビニに行けば手軽に食べられる。

調理されていく過程を知らないで出来上がった食べ物を

ただ漫然とエサの様に食べてる家が多いと心配されておりました。

「保存料だらけの食べ物よりも手間ひまかけて作ったほうがありがたみがあります。すぐ食べないと

悪くなっちゃうからその時々の食材に感謝しながら、なおかつ無駄にしないように計画的になりますか

らね。最近言われている食育の大切さを器作りの側からフォローしていければいいなと考えてます。」

器作りの中で、次世代に対する思いも大事に持ち続ける

そんな陶房青のコンセプトに触れた取材でした。

a0142763_1141301.jpg

代表 吉村 聖吾氏




お気に入りの器と出会えたら幸いです!

うつわ屋ゆらり堂
[PR]
by yurai-dou | 2010-05-09 12:21 | 器の紹介


うつわ屋ゆらり堂 店長のゆらゆら日記


by yurai-dou

プロフィールを見る

カテゴリ

宮内庁御用達 辻 常陸
ゴハンノウツワ展
急須・ポット展
古武雄焼
器の紹介
日々の泡
写真関連

人気ジャンル