宮内庁御用達 辻常陸 作品展まであと4日!

めまぐるしく動いていく現代社会

大きく出すぎたこりゃ撤回

めまぐるしく動いてく流行事情

思うにみんな先端恐怖症

流行のサイクルが早くなってきている今

先手 先手 先手 で 「もうこれ終わり」のドヤ顔で宣言

流行っちゃって 埋もれちゃって

これじゃアイデンティティも保てませんね。


消費経済売るためのサイクル

トレンド雑誌なんて未だにバイブル

キャスが流行ればみんな持ち出し

マリメッコが流行ればみんな揃える

一部の業界関係者に評価されていたものを

多ロット・安価に生産、大量供給してブームを作り出し換金する。

雑貨だけじゃなく、僕が昔仕事していたカメラの業界もそうでした。


そんなんもう嫌だなーと。


後世に残していける、本当に良い物。

どうせ小売をするなら、そういったものを扱いたいなと思って始めたうつわ屋ゆらり堂です。

そして、その本当に良い物の代表格として辻常陸の器があります。


同じ宮内庁御用達でも、有田焼ブランドなのに岐阜県に工場作っちゃったりして

もう何焼と言って良いのかすらも分からなくなってしまってる本末転倒な所もありますが


辻家は違います。

伝統技法の継承と、品質向上を旨として

370年、江戸時代から続く作業場で

少数精鋭で作品製作を続けてきております。

量産されない上に、マーケティングをあまりしないため、認知度もさほど高くはありません。


だからこそ、オススメし甲斐もあるってもんです!


本当に良い物って何かね(誠意ってなにかね by文太)

実物を見ていただければ分かります。

手にとってもらえば分かります。

a0142763_17565840.jpg
有田焼 宮内庁御用達窯元 辻常陸 染錦外濃水鳥文 変形皿揃 ¥15,750


そして、日用食器は、劇的に値段が高いわけではありません。

上の写真のお皿は、5枚でのお値段。

一枚当たり3,150円です。

最近流行の作家ものの器より下手したら安いくらい。



日本が世界に誇れる文化。

そのひとつを、どうぞお客様の食器棚に加えてみてください。

きっと、子供や孫の、もっと先の世代に残してあげることも出来て

喜ばれる事でしょう。


うつわ屋ゆらり堂 初の個展

有田焼 宮内庁御用達 辻常陸 作品展

2013年12月12日(木)~12月17日(火)


14日(土)は辻家の未来の十六代(イケメン)にもお越しいただきます。

その日だけ公開する究極の一品もあります!

ぜひぜひご来店くださいね!





えー

ちなみに、冒頭の文章を読んで、ぴんと来られたアナタ!

趣味が合いますね~♪

23年前からちゃんと世間を見据えていたんですね。

ライフサイクル


うつわ屋ゆらり堂
〒814-0104
福岡市城南区別府1-5-3
電話・ファックス 092-822-2313
営業時間 10:30~19:00
水曜定休
[PR]
by yurai-dou | 2013-12-09 18:46 | 宮内庁御用達 辻 常陸


うつわ屋ゆらり堂 店長のゆらゆら日記


by yurai-dou

プロフィールを見る

カテゴリ

宮内庁御用達 辻 常陸
ゴハンノウツワ展
急須・ポット展
古武雄焼
器の紹介
日々の泡
写真関連

その他のジャンル