神格化

森正洋
もりまさひろ
1927-2005

日本を代表するプロダクトデザイナー。
戦後ニッポンのデザイン業界を長きに渡り牽引してきた、波佐見だけでなく日本窯業界全体の功労者といっても過言ではない御仁です。

「デザインは機能性を包括する」というポリシーで、実用に適した食器を作り続けてきました。

僕自身の自宅でも、森デザインの器を多く使っていて、中でも平茶わんシリーズのサイズ小(絶版、昔は小さいサイズもあったんですよ!)を愛用しております。


最近は、一部デザイン関係で「モリセイヨウ」と名前を音読みで浸透させようとする動きも見られますね。

柳宗悦(やなぎむねよし)は今ではリュウソウエツと有職読みが浸透してます。
柳氏は思想家や宗教哲学者、文筆業でもあったのでそれもありなのですが、森さんはデザイナーですからねぇ。ちょっと有職読みの使い方間違っちゃってますよね。

柳宗悦みたいに神格化して利用したい方達が多いのでしょう。

森正洋さんの歴史と功績を、そういった流行から守りたいと勝手に思っているのですが、こんな小さなお店の店主に出来ることといえば「もりまさひろ」と読み続けていくしかできないんですけどねw

たかが名前。

されど名前。


a0142763_18181765.jpg
白山陶器 森正洋 平茶わん 各¥2,500+税



染付が好きなので、偏ってしまいますねーw

この前は、春なんだから赤っぽいのも入れたら?

とご近所の美味しい八百屋さんからアドバイスをいただいたり・・・(たしかに!汗)


まだまだ勉強です。



うつわ屋ゆらり堂 ヒトツボ展♯3
ゴハンノウツワ
2014/3/20(木)~25(火)
10:30~19:00



お客様のご来店を、心よりお待ちしております!



うつわ屋ゆらり堂
〒814-0104
福岡市城南区別府1-5-3
電話・ファックス 092-822-2313
営業時間 10:30~19:00
水曜定休
[PR]
by yurai-dou | 2014-03-17 18:38 | ゴハンノウツワ展


うつわ屋ゆらり堂 店長のゆらゆら日記


by yurai-dou

プロフィールを見る

カテゴリ

宮内庁御用達 辻 常陸
ゴハンノウツワ展
急須・ポット展
古武雄焼
器の紹介
日々の泡
写真関連

人気ジャンル