カテゴリ:器の紹介( 61 )

メヂカラ

負けてません。

市川AB蔵のメヂカラに。

a0142763_16473145.jpg
ムラカミミワコ 染付鶴絵 波渕小皿 ¥1,680


最近、僕が持ってるケータイでTVが見れるという驚愕的な事実を知りました。

まぁケータイの画面なんで大きさなんて多寡が知れてますし、いずれ契約解除するつもりですけどねー。

昨日、市川海老蔵のドキュメンタリー番組があったので食後につい見てしまったのでした。

代々続いてきた家業を継ぐとい重責は並大抵のものではないでしょうね。

望んで生まれてきたわけでもなく、意にそぐわない事でもやらねばならない。

そのどうしようもない矛盾を消化し、腹を括って積極的に文字通り体言している姿はかっこよかったですね。

大酒喰らいで女好き

という、梨園の中では芸の肥やしになるのでしょうが、あの暴行事件の時にネットで出回ったAA(アスキーアート:文字絵)のインパクトは今でも忘れられませんw
     ___
   /∴∵∴\
  /∴∵∴∵丶
  /  #  ∵ 丶
 丿      ∴ |
 | ̄\  /# ∵|   お~い 医者
 |マ● / ィ∀フ ⌒)
 (  ̄/ 丶 ̄ ) 9|
 | |   # _ノ      
 | >―′ #|
  \  ̄ ̄ ̄  /ヘ
  /丶 ⌒ ノ~ / \
 /丶  ̄ ̄  /


みなさま、お屠蘇の飲みすぎで羽目をはずさないようにお気をつけくださいねw



うつわ屋ゆらり堂
〒814-0104
福岡市城南区別府1-5-3
電話・ファックス 092-822-2313
営業時間 10:30~19:00
水曜定休
[PR]
by yurai-dou | 2014-01-04 17:19 | 器の紹介

今年も1年間ありがとうございました!

早いもので、2013年もあと2日!

今年も皆様にご愛顧頂きまして誠にありがとうございます!

実店舗オープンなど、昨年の年末に予想以上に飛躍した1年となりました。

a0142763_18131579.jpg
陶房青 古染桔梗縁福皿 ¥5,250


当ブログの看板にも使われております福字皿。

店主のお気に入りの1枚で、取り扱いをスタートしてからなにやら運気が上昇気味ですw

2012、13、14は、ズバリ言うわよ的には「大殺界」だそうですが・・・


福よ来い!

来福!

福岡においで!

来福!

・・・ってな感じで年の暮れ。

来年も面白い企画や、新たな作家さんとの出会いを楽しみに運営をしていこうと思います。

大掃除など、まだまだバタバタするとは思いますが、どうぞ皆様、良いお年をお迎え下さいませ!


※年末年始のご案内※

誠に恐縮ではありますが当店では12/30(月)から1/2(木)までお休みいただきます。
※12月27日から1月8日まではお支払い方法でコンビニ決済はご利用いただけませんのでご注意下さい。
※休業期間中に頂きました受注確認メールやお問い合わせメールへの返信、商品の発送に関しましては休み明けの1/3(金)から順じ対応させて頂きますのでご了承下さいませ。



うつわ屋ゆらり堂
〒814-0104
福岡市城南区別府1-5-3
電話・ファックス 092-822-2313
営業時間 10:30~19:00
水曜定休
[PR]
by yurai-dou | 2013-12-29 18:27 | 器の紹介

今回は小皿

前回鍵盤のお皿をご紹介しましたが

今日は小皿をご紹介。

近所の「そふ珈琲」さんで買った

奥さん手作りメレンゲだるま をのせてみました♪

なんか体全身を使って一曲弾いてくれそうな感じがします。

a0142763_18362094.jpg
陶房青 古染付鍵盤皿 小 ¥1,680


いよいよ来週クリスマスですね!

おもちゃ屋さんではキッズ達のテンションが一段と高くなっている事でしょう。

僕も子供の頃、新聞の折り込みチラシに出ているおもちゃの広告を

穴が開きそうになるくらい見つめてどれにしようか悩みまくってました。

でもそれは小2の時まで。

小3のクリスマスはおもちゃではなく、あるものをサンタさんにお願いしたのでした。

そして、それがきっかけでサンタさんが親だったという事に気づき・・・

その話はまた後日w


全身でピアノを弾くといったらこの映画。



「ビッグ」

大好きな映画のひとつで、若かりし頃のトム・ハンクスが出てます!

おもちゃ屋さんでテンションあがるって、久々に体験してみたいな~

でも汚れたオトナになっちまったオイラにはもう無理なんだろうな~w




うつわ屋ゆらり堂
〒814-0104
福岡市城南区別府1-5-3
電話・ファックス 092-822-2313
営業時間 10:30~19:00
水曜定休
[PR]
by yurai-dou | 2013-12-21 18:50 | 器の紹介

昨日のラブリーさと打って変わって

今日はクラシカルな1枚を。


水墨画といえば真っ先に思い起こすのが雪舟等楊。

日本を代表する室町時代の水墨画家ですね。

お寺の小僧時代、勉強しないで絵ばかり描いていた雪舟に怒った和尚さんは

本堂の柱に縛り付けてお説教していたところ

雪舟小坊主が板の間に落ちた涙を足の親指で鼠の絵を描いたら

あまりにも上手だったため


「このガキやべぇ、上手過ぎwww」


と2ちゃんねらーぽく和尚さんは思ってはいないでしょうが

絵を描きたいという熱意に打たれて許してあげた。

っていう逸話がありまして、そのエピで僕は雪舟すげーと小学校時代に感動して覚えていました。

後世、江戸時代に狩野派が雪舟を神格化するためにこの逸話を作ったという事実を

大人になってから知ってちょっとせつなくなりました。


って話はまったくもってどうでも良くて


雪舟の様なソリッド感のあるギザギザ山水ではなく

もうちょっとソフトリーな

それでいて画面の奥行きを感じられる

そんな瀟洒な山水が描かれた焼皿です。

a0142763_1943337.jpg
幸祥窯 地紋山水焼皿 ¥4,200



濃筆(だみふで)と呼ばれる、初見の方は笑っちゃいそうになるくらい

極太の筆をもって、呉須(藍色の顔料)の液体垂らし加減で濃淡をつけていきます。

匠の世界

幸祥窯はこういった伝統的な技法で、クラシカルな絵付けをされています。

細部に至るまで丁寧に描かれております。

結構な地厚で、丈夫です。

大事に使ってあげれば、次から次へどんどん世代を超えて愛用していただける

そんな1枚です。

一家に5枚

いかがですか?



うつわ屋ゆらり堂
〒814-0104
福岡市城南区別府1-5-3
電話・ファックス 092-822-2313
営業時間 10:30~19:00
水曜定休
[PR]
by yurai-dou | 2013-12-06 19:52 | 器の紹介

何を弾いてもらいましょうか

えー

意外だと言われます。

店主、高2までピアノを習っておりました。

小学校に上がると同時に、小さな手のトンプソンからスタートし

バイエル、ブリュグミラー、ツェルニー、平行してハノン。

ソナチネを10曲ほどやって、ソナタに移ろうかーという高校時代

ティーン男子はギターに行ってしまい・・・

結局ものにならずに終わってしまったのでした orz

今でもたまに思います。

あーしっかりとやっておけば、モテモテだったのになぁと。

そんな記憶を思い起こしてくれた器がコレ

a0142763_19806.jpg
ムラカミ ミワコ 古染付鍵盤皿 中 ¥2,310


陶房青でデザイナーをやってらっしゃる

ムラカミミワコさん

商品コンセプトにより、村上三和子さんだったり

ドイツから来たデザイナーさんと共作の場合はMpotsだったりと

ネームが変わりますが、混乱を避けるためカタカナ表記にしております。

一応、これはMpotsネームなので、共作の器になりますが。


カワイスギマス。

クリスマスに近い今。

音楽やってる方にプレゼントしてみてはいかがですか?

サイズは大中小あります。

ぜひぜひ覗いて見てくださいね♪


ちなみに店主はドビュッシーの

ゴリウォーグのケークウォーク

が好きです♪


うつわ屋ゆらり堂
〒814-0104
福岡市城南区別府1-5-3
電話・ファックス 092-822-2313
営業時間 10:30~19:00
水曜定休
[PR]
by yurai-dou | 2013-12-05 19:22 | 器の紹介

福泉窯 染付蛸唐草富士絵盛皿

a0142763_17524357.jpg
有田焼 福泉窯 染付蛸唐草富士絵盛皿 ¥10,500


濃い目の染付で描かれた蛸唐草と富士の絵。

すべて手描きで、古陶磁風でありながら新鮮な雰囲気も持ち

フシギと魅了される8寸皿です。

シンプルな器が多い店内なので

メリハリのある器を置くとアクセントになります。

飾り皿にして玄関先に飾ってもいいし

お正月にお膾をちょちょちょっとのせたり

いいですねぇ。


撮っておいてよかった・・・

今日売れちゃいました♪

えへ。

お店の醍醐味って、モノを買ってもらうだけじゃなく

自分のセンスをも認めてもらえるって事なので

気に入った器を、同じように感動して買っていただけると

とても嬉しくなってしまうのです。



今度仕入れに行くときは、もう少し福泉窯の器を集めてみよう。



うつわ屋ゆらり堂
〒814-0104
福岡市城南区別府1-5-3
電話・ファックス 092-822-2313
営業時間 10:30~19:00
水曜定休
[PR]
by yurai-dou | 2013-11-11 18:07 | 器の紹介

陶悦窯の結晶釉

a0142763_1444618.jpg
陶悦窯結晶金銀彩シリーズ


有田にある陶悦窯。

佐賀鍋島藩のお隣、肥前平戸藩(松浦氏)の御用窯を代々仰せつかっていた名窯で今は14代。

先々代の12代の頃から有田へ移り、割烹用の器作りで定評がありました。

そんな累々と続く器作りの精神と技術で素敵な器を次々と生み出してます。

そんな中でも、他の窯元では再現が出来ない結晶釉は、陶悦窯の代表作でもあります。

一見、土モノ風に見えますが、しっかりとした磁器で、硬く堅牢に焼き〆られております。

木箱にお入れしてますので、ギフトにも最適ですよー。

陶悦窯インタビュー
↓↓↓
a0142763_154079.jpg




うつわ屋ゆらり堂
〒814-0104
福岡市城南区別府1-5-3
電話・ファックス 092-822-2313
営業時間 10:30~19:00
水曜定休
[PR]
by yurai-dou | 2013-11-02 19:36 | 器の紹介

漆のうつわ展 本日最終日でした^^

a0142763_18251063.jpg
3.5寸けやき千段汁椀 摺漆 天然漆+天然木 国産 ¥3,990


うつわ屋ゆらり堂 実店舗オープン後初のミニ企画
ヒトツボ展 越前塗 漆のうつわ

本日無事終了とあいなりましたー!

お買い上げ頂いたお客様!

ありがとうございます^^

ばたばたと撤収のため短いまとめですが、また来月イベントを企画しますので楽しみにしててくださいねー!


うつわ屋ゆらり堂
〒814-0104
福岡市城南区別府1-5-3
電話・ファックス 092-822-2313
営業時間 10:30~19:00
水曜定休
[PR]
by yurai-dou | 2013-10-29 19:10 | 器の紹介

利休汁椀 溜内銀朱

a0142763_12451897.jpg
利休汁椀 溜内銀朱 天然漆+天然木 国産 ¥7,140


漆のうつわ展も3日目!

昨日は僕のお気に入りだった蒔地の溜銀朱が売れてしまいましたー!

とっても嬉しいですYO!

と、いうわけで今日のご紹介は、前回紹介した利休汁椀の溜塗ver.

この溜塗というのは朱や黒漆を塗った後に、半透明の漆を上から塗る仕上げの事です。

浸透するまでの時間、下へ下へと垂れていく漆が、下に溜まってエモイワレヌ立体感が生まれます。

この絶妙な仕上がりが素敵ですねぇ~!


うつわ屋ゆらり堂 ヒトツボ展

越前塗 漆のうつわ展

2013年10月24日(木)~10月29日(火)
10:30~19:00


ご来店お待ちしてまーす!


うつわ屋ゆらり堂
〒814-0104
福岡市城南区別府1-5-3
電話・ファックス 092-822-2313
営業時間 10:30~19:00
水曜定休
[PR]
by yurai-dou | 2013-10-26 12:49 | 器の紹介

朱に交われば朱ラ朱朱朱

a0142763_1827382.jpg
利休汁椀 銀朱 天然漆+天然木 国産 ¥7,140


本日からスタートいたしました漆のうつわ展。

あいにくの雨で静かなスタートになりましたw

でもこんな日でも、お客様にご来店くださって大変嬉しく思います^^

今回は漆の朱は、朱は朱でも銀朱という朱類を集めてみました(間違い探し!w)

明るさを抑えた深みのある朱色で、昔々は水銀を混ぜて作っていたそうです。

ちょっとオトナな?玄人好みの銀朱♪


ちなみにブログタイトルは、店主が敬愛する竹中直人のエッセイのタイトルから頂きました。

あんなオトナになりたいもんですなぁ☆



うつわ屋ゆらり堂 ヒトツボ展

越前塗 漆のうつわ展

2013年10月24日(木)~10月29日(火)
10:30~19:00


ご来店お待ちしてまーす!

うつわ屋ゆらり堂
〒814-0104
福岡市城南区別府1-5-3
電話・ファックス 092-822-2313
営業時間 10:30~19:00
水曜定休
[PR]
by yurai-dou | 2013-10-24 18:36 | 器の紹介


うつわ屋ゆらり堂 店長のゆらゆら日記


by yurai-dou

プロフィールを見る

カテゴリ

宮内庁御用達 辻 常陸
ゴハンノウツワ展
急須・ポット展
古武雄焼
器の紹介
日々の泡
写真関連

その他のジャンル