カテゴリ:宮内庁御用達 辻 常陸( 16 )

本日最終日でした~!

a0142763_17395550.jpg
白高麗香炉 ¥600,000+税


本日を持ちまして

うつわ屋ゆらり堂

有田焼 宮内庁御用達

皇室御用窯元 十五代 辻常陸 作陶展


の展示が無事終了となりました。

会期中はたくさんのご来店とご利用を賜りまして誠にありがとうございます!


30年、50年、100年・・・。

長い年月を経て子供達や孫達に継承してあげられる上質なものたち。

早くその価値に気付けたら、きっと今より素敵な人生が送れるだろうなと実感した店主でありました。


ネットのほうでも引き続き辻常陸の作品をご紹介してまいりますので、興味が湧いたらぜひぜひチェックしてみて下さいまし!

美しいものに囲まれて、幸せな1週間でした。

本当にありがとうございました!


うつわ屋ゆらり堂
〒814-0104
福岡市城南区別府1-5-3
電話・ファックス 092-822-2313
営業時間 10:30~19:00
水曜定休
[PR]
by yurai-dou | 2014-12-16 19:02 | 宮内庁御用達 辻 常陸

ギャップに胸キュン

a0142763_1843305.jpg
染付龍鳳凰文深皿揃 ¥35,000+税


人を魅了する要素のひとつとしてあげられるのが

ギャップ

だと思うのであります。


ケンカ番長が子猫を抱っこして赤ちゃんコトバで語りかけていたり

小柄で華奢な女性がハーレーに乗っていたり

ガングロギャル(古いw)が書道6段だったり・・・


あれ、なんかこの話、前にしたことあるような?まいっか。

そういったギャップがときに人を魅了するのだと考えております。


そしてこの深皿。

磁器って硬いんですよ、原材料が石なんで。

磁器は、陶器(土モノ)よりも高温で長時間焼成しますので、焼き〆られてかなり硬くなります。
(補足:同じ磁器でも波佐見や美濃焼は短いので軟磁器と分類されます。)

益子や鳥取などの「作家もの・民藝が正義!」的な器の本では「ほっこり温かイメージ戦略」で展開しているため

有田などの磁器はなんだか冷酷!と目の敵にされてるようなディス評価されてる記事をよく見かけますw


しかしね、店主は思うのです。


おそらくホンモノの磁器を触ったことがないんだろうな、と。


硬いはずの磁器なのに、手に持ってみるとソフトタッチで吸い付くような表面。

ウルウル・しっとりとしたコーティング(上質な透明釉)は手の温度を伝播し保温する。

そんな従来のイメージとのギャップに驚くことが出来るのが

辻常陸の器

なのです。

もうね、ホントこれはぜひお手にとってみて頂きたい器なのですよ、お客様。


うつわ屋ゆらり堂

有田焼 宮内庁御用達 辻常陸 作品展

2014年12月11日(木)~12月16日(火)


会期も残すところあと1日!

これを逃すとあと1年w

ぜひぜひご来店くださいね!



うつわ屋ゆらり堂
〒814-0104
福岡市城南区別府1-5-3
電話・ファックス 092-822-2313
営業時間 10:30~19:00
水曜定休
[PR]
by yurai-dou | 2014-12-15 19:03 | 宮内庁御用達 辻 常陸

生命力の強さなら負けません

a0142763_19181618.jpg
染付麦穂文八角銘々皿揃 ¥40,000+税


龍とか鳳凰とか麒麟とか空想上の霊獣などなど、縁起物の図案といえば大体が豪華なもの。

でも麦。

一見地味だなぁと思いがちですが、実はこれも縁起物なのでありんす。

踏まれても立ち上がる、すさまじい生命力にリスペクトを表しています。


日本では六条大麦が弥生時代から栽培されていたそうです。

穂先のホワっとした表現は、濃筆(だみふで)を使って丁寧に描かれております。

実はこの濃手こそ、職人芸のひとつなのであります。

素焼きした素地は吸水性が高く、ちょっとした加減で濃淡が一気に変わってしまうので

このような細い線描きというのはとても技術がいるところなのであります。

たかが染付、されど染付。

シンプルさの中にきらりと光る技術。

ご家庭で使うも良し、コレクションにするも良し。

究極の磁器、染付はいかがでしょうか^^



うつわ屋ゆらり堂

有田焼 宮内庁御用達 辻常陸 作品展

2014年12月11日(木)~12月16日(火)


残すところあと2日!

ぜひぜひご来店くださいね!



うつわ屋ゆらり堂
〒814-0104
福岡市城南区別府1-5-3
電話・ファックス 092-822-2313
営業時間 10:30~19:00
水曜定休
[PR]
by yurai-dou | 2014-12-14 19:38 | 宮内庁御用達 辻 常陸

辻常陸 作陶展 3日目

a0142763_2137646.jpg
染付福字四寸丸小皿揃 ¥20,000+税


まずは福。

とにかく福。

これだけ堂々と中央に描かれてあれば福が来ることに自信が湧いてきそうです^^

言霊信仰じゃありませんが、縁起の良い福文字を常に目にすればきっと福がやってくるかもしれません!

本日は辻浩喜さんに来て頂き、昨年と同様の濃ゆーいトークを繰り広げましたw

もちろん作品解説もしっかりとあって、お客様にもご満足頂けたと思います!

残り3日間、皆様のご来店を心よりお待ち申し上げます♪


うつわ屋ゆらり堂 初の個展

有田焼 宮内庁御用達 辻常陸 作品展

2014年12月11日(木)~12月16日(火)




うつわ屋ゆらり堂
〒814-0104
福岡市城南区別府1-5-3
電話・ファックス 092-822-2313
営業時間 10:30~19:00
水曜定休
[PR]
by yurai-dou | 2014-12-13 21:46 | 宮内庁御用達 辻 常陸

オールシーズン

a0142763_18502579.jpg
染錦 市松春秋文蕎麦猪口 ¥15,000+税


春秋文(しゅんじゅうもん)

春のサクラと秋のモミジをひとつの空間に描いてあります。

春秋とはもともと

幾春秋を経る・・・何年も経つ

いたずらに春秋をかさねる・・・無駄に歳くっちゃった

などといった文章表現に使われるように

年月の単位をオサレに表現するものでした。


器をはじめ、着物や調度品などなど

四季の変わり目に合わせてモノを楽しむという日本の文化。

その都度替える事は、それはそれで楽しめるのですが

毎度毎度こだわってばかりじゃぁ、肩も凝るというもの^^;

たまには気も抜きたいわねーって思うのは今も昔も変わぬ人情なのです。


そんな先人の思いで生み出されたデザイン、意匠、春秋文。

春だけに!とか秋だけ!などといった堅苦しいことは言わなくて大丈夫!

この春秋文は、春と秋をひとつの空間に配置することで

通年(1年を通して)使えるんですよって意味なんです♪

蕎麦猪口としてだけでなく、茶碗蒸しにもデザートカップにも・・・

オールシーズン、多用途で使える逸品を今日はご紹介でした♪


うつわ屋ゆらり堂

有田焼 宮内庁御用達 辻常陸 作品展

2013年12月11日(木)~12月16日(火)


13日(土)は辻家の未来の十六代(イケメン)にもお越しいただきます。

ぜひぜひご来店くださいね!



うつわ屋ゆらり堂
〒814-0104
福岡市城南区別府1-5-3
電話・ファックス 092-822-2313
営業時間 10:30~19:00
水曜定休
[PR]
by yurai-dou | 2014-12-12 19:14 | 宮内庁御用達 辻 常陸

有田焼 宮内庁御用達窯元 辻常陸 作陶展 2014

a0142763_1481765.jpg

うつわ屋ゆらり堂 有田焼 宮内庁御用達 辻常陸 作品展


とても好評だった前回の展示会から1年・・・

今年の作陶展は質・量ともにパワーアップしております!

2014年12月11日(木)~12月16日(火)

13日(土)は辻家の未来の十六代(イケメン)にもお越しいただきます。

ぜひぜひご来店くださいね!



うつわ屋ゆらり堂
〒814-0104
福岡市城南区別府1-5-3
電話・ファックス 092-822-2313
営業時間 10:30~19:00
水曜定休
[PR]
by yurai-dou | 2014-12-11 14:13 | 宮内庁御用達 辻 常陸

本日最終日!

うつわ屋ゆらり堂の記念すべき初個展

有田焼 宮内庁御用達 辻常陸 作品展

も、本日をもって無事終了と相成りました。


今までの企画展はヒトツボスペースを使ってのこじんまりとしたものでしたが

今回は店内の商品総入れ替えで臨んでみました。

初めての事だったので不安もありましたが、なんとか無事にやり通せてほっと一安心。

たくさんの方に、辻さんの器を知ってもらい、また買って頂いて店主大満足♪

また来年、辻常陸展を開催することとなりました!

それまでにたくさん作っておいてもらいましょうね!(プレッシャーw)


さて、昨日の白鷺文の八角小皿とならび

店主が欲しくて狙っていた器があります!

a0142763_17503638.jpg
有田焼 宮内庁御用達 辻常陸 染錦松竹梅文 八角小皿揃 ¥21,000


これ!

可愛すぎて悶絶ですw

お正月にぴったりなオメデタ柄!

松に竹に梅!

そのまま!w

御節料理のお膾なんかをコレで取り分けたりなんかしちゃったりして(脳内再生:広川太一郎)

使わなくても飾っておくだけで気持ちが華やぐってもんです。


でも、売れちゃいました・・・。

っつーことで、追加で入荷依頼したので、入ってきたら買っちゃおうと思います!

春先になるそうですがw

ホント、いいなって思ったときには買っておかないとですね、お客様!



うつわ屋ゆらり堂 初の個展

有田焼 宮内庁御用達 辻常陸 作品展

2013年12月12日(木)~12月17日(火)



たくさんのお客様にご来店、お買い上げ頂きまして誠にありがとうございました!

これからも辻常陸の素晴らしさを少しでも多くの方にお伝えできればなと考えております。

個展はまた来年になりますが、徐々に少しずつネットショップでも商品を登録してまいりますのでチェックしておいてくださいね!



うつわ屋ゆらり堂
〒814-0104
福岡市城南区別府1-5-3
電話・ファックス 092-822-2313
営業時間 10:30~19:00
水曜定休
[PR]
by yurai-dou | 2013-12-17 18:06 | 宮内庁御用達 辻 常陸

鷺(サギ)

コウノトリ目サギ科

長い足と嘴が鶴やコウノトリと似ています。

コウノトリよりも少し小さく「雪客(せっかく)」という呼び名もあるそうです。

雪客・・・

文人墨客のつけそうな素敵なネーミング。

さっそくググってみましたら


中国の李正文なる人物が、私邸の庭園で飼育していた5種類の鳥類に対して、いずれも「~客」という形になる呼称をつけていたそうです。

サギが「雪客」となったのは、申すまでもなく、最も一般的な「シラサギ(白鷺)」だったからだと推認することができます。
……『日本国語大辞典』ほかより。



ほほぅ

庭園で飼ってる鳥を客分扱いとは、これまたシャレオツ。

たしかに白鷺は真っ白ですもんねー


あのゆったりとした動き。

泰然自若とした端正な立ち姿。

じっと魚を狙っていて、動かない時間が長いから絵に描きやすかったんでしょうね。


a0142763_2033215.jpg
有田焼 宮内庁御用達 辻常陸 染付白鷺文八角小皿揃 ¥15,750



福岡市内から糸島市に向かう途中の今津湾。

遠浅で凪いでいる波間に、じっと立って小魚を狙っている白鷺を15分ほど観察したことがあります。

しかも6日連続w

昨年の夏に、糸島の海辺のカフェでゆらり市をやった際に、自転車で行き来していたのですが

帰り道の20時前後に、近くの照明に照らされて微動だにしない白鷺ちゃんがいたのでした。

じっとしている姿を見続けていると、いつの間にか波の音も聞こえなくなり、なにやらすーっと吸い込まれるようなフシギな気がした覚えがあります。

たしかにあの姿は描きたくなるかも。

葛飾北斎も描いてるようですしね。


辻の手描きによる白鷺も、素敵です。

なんとも愛嬌のある可愛らしい顔を天に向け、一歩すすもうと片足を上げたままの状態でしばらく静止している。

そんなワンシーンが描かれております。

八角の縁取りとあいまって、これはなかなか乙な器。

もし期間中に売れなければ自分のモノにしようと思い

毎日「売れるなよー売れるなよー」と念じてしまってます(コラコラw)

いや、もちろんお客様が優先ですので、遠慮なく仰ってくださいな。

もしお買い求め頂ければ、お帰りの際は熱視線でお見送りいたします♪


うつわ屋ゆらり堂 初の個展

有田焼 宮内庁御用達 辻常陸 作品展

2013年12月12日(木)~12月17日(火)



残すところあと1日になりました!

見ておくだけでも勉強になる器ばかりです!

ぜひぜひご来店くださいね!



うつわ屋ゆらり堂
〒814-0104
福岡市城南区別府1-5-3
電話・ファックス 092-822-2313
営業時間 10:30~19:00
水曜定休
[PR]
by yurai-dou | 2013-12-16 21:00 | 宮内庁御用達 辻 常陸

白への憧れ

昔から洋の東西を問わず衣装や装飾具、言葉や概念に至るまで

白という色は神聖な色として使われてまいりました。

法衣やウェディングドレスをはじめ、日本では神道の衣装、装飾もそうですね。

潔白、という言葉や白星など枚挙に暇がありません。


もちろん陶磁器の世界も同様でした。

a0142763_17275977.jpg
有田焼 宮内庁御用達 辻常陸 白磁菊割 三つ足皿揃 ¥21,000
(商品名の最後に「揃」と記載があるものは5枚組みになります)



中国、景徳鎮窯で焼かれた白磁。

土モノしか焼けなかった400年前の日本では、中国から輸入した白磁を「唐物(からもの)」といって非常に珍重しておりました。

白磁への憧れをこじらせまくって、苦肉の策で生み出したのが陶器の粉引でありまして、当時の陶工たちや権力者たちの白磁への思い入れの凄さが分かります。

やがて日本でも磁器の焼成が始まり、白磁の製作も始まりました。

しかし、今と違いまだまだ技術面で発展途上だった当時の窯業界。

黄ばんだり青みがかったりと均一に綺麗な白磁を安定生産することが難しかったようです。

原材料となる陶石や焼成の仕方、釉薬の純度により、白を綺麗に出すことが分かってきてから、徐々に白磁が安定供給されるようになったのでした。

日本史上、磁器の世界で初めてとなる禁裏御用達を拝命した辻家。

朝廷へお納めするための器は、材料や技法にもスペシャルなものを使います。

なにがどうスペシャルなのかは・・・

店頭でご説明いたします♪
(うふふw)


今日の写真、辻家の定番である白磁菊割のお皿です。

お正月にはもちろん、来客時にもばっちり使える、とってもスペシャルな一品です。

・・・なのに5枚で2万円。

1枚当たり4千円ケントウ。

ホンモノの素材と

ホンモノの技術で

作られてる割にお安くない?

ここが辻家の良心的なところです。


っていうか他のが高すぎるだけなんですけどねっw

愛陶家の間で辻家の器が人気のわけが分かる気がします。


うつわ屋ゆらり堂 初の個展

有田焼 宮内庁御用達 辻常陸 作品展

2013年12月12日(木)~12月17日(火)


残すところあと2日!

滅多にお目にかかれない辻家の作品群。

せっかくのチャンスです、どうぞご覧下さいませ♪


うつわ屋ゆらり堂
〒814-0104
福岡市城南区別府1-5-3
電話・ファックス 092-822-2313
営業時間 10:30~19:00
水曜定休
[PR]
by yurai-dou | 2013-12-15 17:51 | 宮内庁御用達 辻 常陸

辻常陸展 3日目!

いやぁ

濃かった。

濃ゆい時間が過ごせました。

接客の合間、合間に繰り広げられる男同士の器業界についてのぶっちゃけトーク。

作り手と売り手の立場が違うだけであって、器に対する熱い思いは同じでした。

意思の疎通、認識の共有、お互いに大満足。

最大公約数の共通認識ではなく

最小公倍数のそれなので

これからはお互いに倍倍で高め合っていけます。


結局、イケメンっぷりを写真に収めることもなく爽やかに帰って行かれました。

今日、ご来店されてお顔を拝めた方!

ラッキーでしたね♪

a0142763_18555811.jpg
有田焼 宮内庁御用達 辻常陸 染付内濃唐草文 ぐい呑み ¥15,750


男同士、腹を割って話すなら

酒を片手に朝まで生テレビ

っていうもんなのでしょうが、店主はお酒が飲めませんので

しらふのまま真剣トークができますw

でもこんなぐい呑みでだったら、呑んでみてもいいかなぁ♪


昨日売れてしまった分の追加補充と

新たにラインナップも増やして、見応えある展示になりました!


うつわ屋ゆらり堂 初の個展

有田焼 宮内庁御用達 辻常陸 作品展

2013年12月12日(木)~12月17日(火)


残り後3日!

ぜひぜひご来店くださいね!



うつわ屋ゆらり堂
〒814-0104
福岡市城南区別府1-5-3
電話・ファックス 092-822-2313
営業時間 10:30~19:00
水曜定休
[PR]
by yurai-dou | 2013-12-14 19:09 | 宮内庁御用達 辻 常陸


うつわ屋ゆらり堂 店長のゆらゆら日記


by yurai-dou

プロフィールを見る

カテゴリ

宮内庁御用達 辻 常陸
ゴハンノウツワ展
急須・ポット展
古武雄焼
器の紹介
日々の泡
写真関連

その他のジャンル