カテゴリ:宮内庁御用達 辻 常陸( 16 )

辻常陸展 2日目!

さっそく染付龍鳳凰文の小鉢とお皿が品切れに!!!

明日、未来の十六代(イケメン)にお店に来てもらうので

何点か柄違いの器を持ってきてもらいます^^


昨日ご覧頂いた鳳凰の絵。

あれは第2形態になりますとお伝えしましたが

第1形態はどうなんだというお声が

四方八方から届いた夢を見ましたので
(いや、実際お問い合わせもありましたw)

本日はそれをご紹介いたしましょう。

辻常陸が本気を出した鳳凰がこちら

a0142763_1740111.jpg
有田焼 宮内庁御用達 辻常陸 染付鳳凰文 小花瓶 ¥63,000



あまりの神々しさに毎朝やられてます。

店頭の窓際に飾っているのですが

キラキラと陽の光を受け輝いております。


a0142763_18223851.jpg


見てください、この眼。

眼光鋭い霊鳥。

トーシロには描けませんですね。


「私はむしろ逆で~ 眼!あの眼が~」

とナタリアを思い出した方、お友達になりましょうw


神話によると、尾っぽは5色だそうです。

染付という白と藍色のモノトーンの世界で、濃淡(グラデ)による色彩表現が

これだけ的確にできる絵付士もそうそういないだろうて。

とホレボレ見入ってます。


濃淡による色彩表現?

は!

モノクロだ!

店主のライフワークである写真。

なかでもモノクロ写真がメインです。

モノクロ写真も、白と黒だけでなく、中間色のグレー、その

階調(トーン)

の表現がとても重視されます。


(染付が好きなの理由はそれか)


と、今朝になって合点がいった次第。


んー気づくの遅いですねw


こんな素敵な器たちに囲まれて

うつわ屋冥利に尽きます♪


うつわ屋ゆらり堂 初の個展

有田焼 宮内庁御用達 辻常陸 作品展

2013年12月12日(木)~12月17日(火)


14日(土)は辻家の未来の十六代(イケメン)にもお越しいただきます。

その日だけ公開する究極の一品もあります!

ぜひぜひご来店くださいね!



うつわ屋ゆらり堂
〒814-0104
福岡市城南区別府1-5-3
電話・ファックス 092-822-2313
営業時間 10:30~19:00
水曜定休
[PR]
by yurai-dou | 2013-12-13 18:31 | 宮内庁御用達 辻 常陸

本日からスタートいたしました!

朝方怪しかった天気も、開店する頃には晴れ間も見えて

絶好の展示会日和になりました^^

気温は低いですが

店内と店主のテンションは高いですYO!


a0142763_19581330.jpg
有田焼 宮内庁御用達 辻常陸 染付鳳凰文 珈琲碗皿 ¥31,500



鳳凰(ほうおう)

中国神話の伝説の鳥、霊鳥である。鳳皇とも。日本や朝鮮など東アジア全域にわたって、装飾やシンボル、物語・説話・説教などで登場する。

by wikipedia

龍と並び、器以外にも描かれてきたデザインです。

日本では平等院鳳凰堂も有名ですし

財布を開ければ、1万円札にも描かれております。

古代中国では、風と共にやってくる天帝の使いが鳳凰で

風という感じは鳳凰の文字からインスパイアされて作られたそうです。

この霊鳥、さまざまな動物がくっついております。

中国と日本では、それぞれ時代と共に変わってきてたらしいですが


前部が麟
後部が鹿
頸は蛇
背は亀
頷(あご)は燕
嘴は鶏
尾は魚

という、闇鍋に近いごった煮状態。

でもこれだけくっついてればご利益ありそうですw

たぶん想像するに

孔雀を見た人がその綺麗さを伝えて、どんどん伝言ゲーム化して

こういったものになったのかもしれませんね。

ちなみに、写真の珈琲カップに描かれている鳳凰は

辻家の器の中でも第2形態の状態です。

第2形態?!

なにそれ気になる!

って方!

明日は第1形態をご紹介いたしましょう(フフフ)

お近くの方でしたら、ぜひお店に見に来てくださいな^^


うつわ屋ゆらり堂 初の個展

有田焼 宮内庁御用達 辻常陸 作品展

2013年12月12日(木)~12月17日(火)


14日(土)は辻家の未来の十六代(イケメン)にもお越しいただきます。

その日だけ公開する究極の一品もあります!

ぜひぜひご来店くださいね!



うつわ屋ゆらり堂
〒814-0104
福岡市城南区別府1-5-3
電話・ファックス 092-822-2313
営業時間 10:30~19:00
水曜定休
[PR]
by yurai-dou | 2013-12-12 20:05 | 宮内庁御用達 辻 常陸

いよいよ明日から! 宮内庁御用達 辻常陸作品展

ご飯を食べる器で飯碗。

おかずを盛るから盛皿。

そのおかずを取り分けるから取皿。

基本的に器のカテゴリは用途別でネーミングも変わりますが

かたくなに、厳密に使用用途を守らねばならないわけではありません。

白山陶器の森正洋さんデザイン平茶わんなんかは

飯碗として作られていますが、サラダのせても、煮物のせても似合います。

そんな、フレキシブルさが求められる時代

商品名に用途を断定してしまってる器もあります。

a0142763_21583959.jpg
有田焼 宮内庁御用達 辻常陸 染付龍鳳凰文 シャーベット ¥21,000


シャーベット・・・

アイスじゃなくって

シャーベット・・・

たしかに、これにお新香は似合いませんw

アイスは食べるけど、なかなか家でシャーベットは食べませんね。

その前に、ハーゲンダッツみたいなカップでシャーベットって売ってるの?

ネーミングだけで、高貴な生活を想像できる

そんな稀有な器です。

染付で丁寧に描かれた、龍と鳳凰のおめでたい柄。

形状といい、絵付けの技術といい

これだけ手が込んでて2万円は安い!

実際は、食卓中央において、コンポートにしてもいいですし

玄関先で飾ってもいいですよね!

間違ってもプリンなんて・・・



いや・・・

プリン・・・

ありかなw


うつわ屋ゆらり堂 初の個展

有田焼 宮内庁御用達 辻常陸 作品展

2013年12月12日(木)~12月17日(火)


14日(土)は辻家の未来の十六代(イケメン)にもお越しいただきます。

その日だけ公開する究極の一品もあります!

ぜひぜひご来店くださいね!



うつわ屋ゆらり堂
〒814-0104
福岡市城南区別府1-5-3
電話・ファックス 092-822-2313
営業時間 10:30~19:00
水曜定休
[PR]
by yurai-dou | 2013-12-11 22:17 | 宮内庁御用達 辻 常陸

宮内庁御用達 辻常陸 作品展まであと3日!

朝廷にお納めするだけあって

縁起物の絵柄がとても多いです。

龍や鳳凰はもちろんありますが

今回ご紹介するアイテムは・・・

a0142763_21312059.jpg
有田焼 宮内庁御用達窯元 辻常陸 染付栗鼠葡萄文菓子鉢 ¥15,750


なんとリスと葡萄。

え?!

リス?!

リスが縁起物???


葡萄は、房にたくさん実をつける。

子孫繁栄を意味します、まぁこれは分かります。


じゃぁリスはというと・・・


ほっぺに木の実をたくさん蓄えますよね?

備蓄などの意味があり、蓄えがたくさん!

という意味をもって、縁起物として描かれておりました。


(おっこちてたけど、たべちゃっていいのかなぁ?)

とでも思っているのか

葡萄を手に房を見上げるかわいいリス。

愛嬌があっていいですね^^


うつわ屋ゆらり堂 初の個展

有田焼 宮内庁御用達 辻常陸 作品展

2013年12月12日(木)~12月17日(火)


14日(土)は辻家の未来の十六代(イケメン)にもお越しいただきます。

その日だけ公開する究極の一品もあります!

ぜひぜひご来店くださいね!



うつわ屋ゆらり堂
〒814-0104
福岡市城南区別府1-5-3
電話・ファックス 092-822-2313
営業時間 10:30~19:00
水曜定休
[PR]
by yurai-dou | 2013-12-10 22:07 | 宮内庁御用達 辻 常陸

宮内庁御用達 辻常陸 作品展まであと4日!

めまぐるしく動いていく現代社会

大きく出すぎたこりゃ撤回

めまぐるしく動いてく流行事情

思うにみんな先端恐怖症

流行のサイクルが早くなってきている今

先手 先手 先手 で 「もうこれ終わり」のドヤ顔で宣言

流行っちゃって 埋もれちゃって

これじゃアイデンティティも保てませんね。


消費経済売るためのサイクル

トレンド雑誌なんて未だにバイブル

キャスが流行ればみんな持ち出し

マリメッコが流行ればみんな揃える

一部の業界関係者に評価されていたものを

多ロット・安価に生産、大量供給してブームを作り出し換金する。

雑貨だけじゃなく、僕が昔仕事していたカメラの業界もそうでした。


そんなんもう嫌だなーと。


後世に残していける、本当に良い物。

どうせ小売をするなら、そういったものを扱いたいなと思って始めたうつわ屋ゆらり堂です。

そして、その本当に良い物の代表格として辻常陸の器があります。


同じ宮内庁御用達でも、有田焼ブランドなのに岐阜県に工場作っちゃったりして

もう何焼と言って良いのかすらも分からなくなってしまってる本末転倒な所もありますが


辻家は違います。

伝統技法の継承と、品質向上を旨として

370年、江戸時代から続く作業場で

少数精鋭で作品製作を続けてきております。

量産されない上に、マーケティングをあまりしないため、認知度もさほど高くはありません。


だからこそ、オススメし甲斐もあるってもんです!


本当に良い物って何かね(誠意ってなにかね by文太)

実物を見ていただければ分かります。

手にとってもらえば分かります。

a0142763_17565840.jpg
有田焼 宮内庁御用達窯元 辻常陸 染錦外濃水鳥文 変形皿揃 ¥15,750


そして、日用食器は、劇的に値段が高いわけではありません。

上の写真のお皿は、5枚でのお値段。

一枚当たり3,150円です。

最近流行の作家ものの器より下手したら安いくらい。



日本が世界に誇れる文化。

そのひとつを、どうぞお客様の食器棚に加えてみてください。

きっと、子供や孫の、もっと先の世代に残してあげることも出来て

喜ばれる事でしょう。


うつわ屋ゆらり堂 初の個展

有田焼 宮内庁御用達 辻常陸 作品展

2013年12月12日(木)~12月17日(火)


14日(土)は辻家の未来の十六代(イケメン)にもお越しいただきます。

その日だけ公開する究極の一品もあります!

ぜひぜひご来店くださいね!





えー

ちなみに、冒頭の文章を読んで、ぴんと来られたアナタ!

趣味が合いますね~♪

23年前からちゃんと世間を見据えていたんですね。

ライフサイクル


うつわ屋ゆらり堂
〒814-0104
福岡市城南区別府1-5-3
電話・ファックス 092-822-2313
営業時間 10:30~19:00
水曜定休
[PR]
by yurai-dou | 2013-12-09 18:46 | 宮内庁御用達 辻 常陸

ごようたし ごようたつ

日々これ勉強。

御用達の事を今まで

ごようたし

と読んでいました。

たまーにお客さんで

ごようたつ

と直読みされてる方がいらっしゃったるので心の中で

(ごようたし、ごようたし、ごようたし・・・)

とあくまで、心の中で訂正しつつ

「そうなんですよーごようたなんですよー」

と、気づいてもらえるように言い直していました。

さてさて、どちらが正しい読み方なのか。

a0142763_14265558.jpg
有田焼 宮内庁御用達 辻常陸 染付龍文尺皿 非売品(我が家の愛蔵品ですw)


正解は・・・


どっちも有り


だそうです。(シラナカッタヨー!)

朝廷からの御用を

達する

のか

足す

のかの違いだそうです。


皇居から商人に品物を注文してくることを「御用」や「御用入り」などと言いました。
商人から見れば「御用を達(たっ)する=御用たつ」となります。
皇居から見れば「御用を足(た)す=御用たし」となります。

後にこれらが混同してしまったので、
「ごようたし」と「ごようたつ」の二つの読み方となりました。

「達する」とは「届ける」という意味。
「足す」とは「満たす」という意味。


by yahoo!知恵袋


ほへー

そいつぁ知らなかった・・・。

本来なら我々は、ごようたつ、と読まねばならないわけですね?!

でもさー

これ知ってて使い分けてる人、いないですよねw


んで、なんでこの話になったかと言うと

うつわ屋ゆらり堂 初の個展

有田焼 宮内庁御用達 辻常陸 作品展

2013年12月12日(木)~12月17日(火)


を開催する運びになったからなのであります!

店内の一部のスペースを使ってやってたヒトツボ展と違い

店内全部をがっつり辻常陸の器で埋めます!

都心の百貨店でしかなかなかやらない辻さんの展示会。

滅多に見れない作品も見れますよ!

14日(土)は辻家の未来の十六代にもお越しいただきます。

これがまたイケメンなんですわ。

その日はうつわ屋ゆらり堂店内に店主とイケメン2トップの布陣です。

ぜひぜひご来店くださいね!


うつわ屋ゆらり堂
〒814-0104
福岡市城南区別府1-5-3
電話・ファックス 092-822-2313
営業時間 10:30~19:00
水曜定休
[PR]
by yurai-dou | 2013-12-08 14:41 | 宮内庁御用達 辻 常陸


うつわ屋ゆらり堂 店長のゆらゆら日記


by yurai-dou

プロフィールを見る

カテゴリ

宮内庁御用達 辻 常陸
ゴハンノウツワ展
急須・ポット展
古武雄焼
器の紹介
日々の泡
写真関連

人気ジャンル