<   2013年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

漆のうつわ展 本日最終日でした^^

a0142763_18251063.jpg
3.5寸けやき千段汁椀 摺漆 天然漆+天然木 国産 ¥3,990


うつわ屋ゆらり堂 実店舗オープン後初のミニ企画
ヒトツボ展 越前塗 漆のうつわ

本日無事終了とあいなりましたー!

お買い上げ頂いたお客様!

ありがとうございます^^

ばたばたと撤収のため短いまとめですが、また来月イベントを企画しますので楽しみにしててくださいねー!


うつわ屋ゆらり堂
〒814-0104
福岡市城南区別府1-5-3
電話・ファックス 092-822-2313
営業時間 10:30~19:00
水曜定休
[PR]
by yurai-dou | 2013-10-29 19:10 | 器の紹介

利休汁椀 溜内銀朱

a0142763_12451897.jpg
利休汁椀 溜内銀朱 天然漆+天然木 国産 ¥7,140


漆のうつわ展も3日目!

昨日は僕のお気に入りだった蒔地の溜銀朱が売れてしまいましたー!

とっても嬉しいですYO!

と、いうわけで今日のご紹介は、前回紹介した利休汁椀の溜塗ver.

この溜塗というのは朱や黒漆を塗った後に、半透明の漆を上から塗る仕上げの事です。

浸透するまでの時間、下へ下へと垂れていく漆が、下に溜まってエモイワレヌ立体感が生まれます。

この絶妙な仕上がりが素敵ですねぇ~!


うつわ屋ゆらり堂 ヒトツボ展

越前塗 漆のうつわ展

2013年10月24日(木)~10月29日(火)
10:30~19:00


ご来店お待ちしてまーす!


うつわ屋ゆらり堂
〒814-0104
福岡市城南区別府1-5-3
電話・ファックス 092-822-2313
営業時間 10:30~19:00
水曜定休
[PR]
by yurai-dou | 2013-10-26 12:49 | 器の紹介

朱に交われば朱ラ朱朱朱

a0142763_1827382.jpg
利休汁椀 銀朱 天然漆+天然木 国産 ¥7,140


本日からスタートいたしました漆のうつわ展。

あいにくの雨で静かなスタートになりましたw

でもこんな日でも、お客様にご来店くださって大変嬉しく思います^^

今回は漆の朱は、朱は朱でも銀朱という朱類を集めてみました(間違い探し!w)

明るさを抑えた深みのある朱色で、昔々は水銀を混ぜて作っていたそうです。

ちょっとオトナな?玄人好みの銀朱♪


ちなみにブログタイトルは、店主が敬愛する竹中直人のエッセイのタイトルから頂きました。

あんなオトナになりたいもんですなぁ☆



うつわ屋ゆらり堂 ヒトツボ展

越前塗 漆のうつわ展

2013年10月24日(木)~10月29日(火)
10:30~19:00


ご来店お待ちしてまーす!

うつわ屋ゆらり堂
〒814-0104
福岡市城南区別府1-5-3
電話・ファックス 092-822-2313
営業時間 10:30~19:00
水曜定休
[PR]
by yurai-dou | 2013-10-24 18:36 | 器の紹介

蛇の目汁椀 黒内銀朱 あと2日

a0142763_1830199.jpg
蛇の目汁椀 黒内銀朱 天然漆+天然木 国産 ¥7,875


明後日からの展示のために、漆器の素材や作業工程を解説したパネル等を作っております。

ホントこれだけ手間をかけて作るからこそ、ずっとずっと長く使っていける逸品に仕上がっていくんだなぁと思いますね。

そして意外な事実が!

なんと、近隣の産地とお互いの得意分野を手伝っているそうです。

たとえば、有名な輪島塗が不得意とする、とある工程を越前塗の産地、河和田町が請け負ったり、輪島と福井の間にある石川県の山中という産地が何々を手伝ったりと、相互扶助の関係で日本海側の漆製作現場は成り立っているそうです。

お互いがライバル視してそうな勝手なイメージがありましたが、なんだかほのぼのした業界なのですね、漆器業界ってw

しかし!

今回チョイスした漆器は、越前塗が得意としている技法で、バリバリのmade in 越前!

どんな技法を得意としているかは、どうぞご来店頂いてじっくりと触ってみてください♪


うつわ屋ゆらり堂 ヒトツボ展

越前塗 漆のうつわ展

2013年10月24日(木)~10月29日(火)
10:30~19:00


ご来店お待ちしてまーす!

うつわ屋ゆらり堂
〒814-0104
福岡市城南区別府1-5-3
電話・ファックス 092-822-2313
営業時間 10:30~19:00
水曜定休
[PR]
by yurai-dou | 2013-10-22 18:47 | 器の紹介

荒筋汁椀 銀朱蒔地 あと3日!

a0142763_18513937.jpg
荒筋汁椀 銀朱蒔地 天然漆+天然木 国産 ¥6,825


さてさて、突然何のことかと思われましたでしょうか・・・。

あら?
うつわ屋ゆらり堂って陶磁器のお店じゃなかったっけ?

基本は有田や波佐見の磁器を中心に扱っております。

うつわ屋

ですので、器であれば気に入ったものはどんどん紹介していきたいのです!

そして、実店舗オープン後、初となる展示を開催いたします!


うつわ屋ゆらり堂 ヒトツボ展

越前塗 漆のうつわ展

2013年10月24日(木)~10月29日(火)
10:30~19:00

漆の産地として1500年以上の歴史を持つ越前・福井。
うつわ屋ゆらり堂のミニ展示第一弾は産地から本物の越前塗の漆器を取り揃えてみました。
ウレタン塗装が漆として流通してしまっている昨今。
ホンモノの漆器で、食卓を盛り上げてみませんか?

お近くにお越しの際は、ぜひぜひお立ち寄り下さいませー!


うつわ屋ゆらり堂
〒814-0104
福岡市城南区別府1-5-3
電話・ファックス 092-822-2313
営業時間 10:30~19:00
水曜定休
[PR]
by yurai-dou | 2013-10-21 19:01 | 器の紹介

簡単にお店のセレクトコンセプトなど

おつです!
店舗オープンから2週間!
そろそろ体にガタが出てきましたw

電動ドリルの回しすぎと
のこぎりの挽き過ぎと
ペンキの塗りすぎで
右手首が腱鞘炎っぽくなってたり
何もしていないのに両肩の筋肉がつりそうになったりと

準備期間からぶっつづけで酷使してきたミソジの体が悲鳴を上げています orz

明日は港療院に行って体をリセットしてきます♪


 さてタイトルにも書きましたが、実店舗開店の機会に改めてお店のセレクトコンセプトを書いてみたいと思います。ネットショップを始めてから4年以上、自分では分かってるつもりでも、最近知り合った方やお客様にもお伝えしたいなと。


デザインと実用性を両立した器

もうホントこれに限ります。
ネットショップを開店した当初からこれを念頭において器をチョイスしてまいりました。
難しく考えなくて、ホント単純です。
いくらスタイリッシュでも使い勝手が悪かったらどうしようもないです。
逆にどんなに便利でも、心ときめかなかったら毎日がつまらないですよね?

なので、その両方はキープするように心がけております。

日本を代表するプロダクトデザイナーの森正洋氏は
「デザインと言う中には、機能性も備わっていて当然である。」
という事を常々仰っていたそうです。

ですよねー。


とまぁ、こんな感じでのんびりやっております。


今後とも何卒宜しくお願いいたします!



ぜひぜひ覗いてみてください

うつわ屋ゆらり堂
〒814-0104
福岡市城南区別府1-5-3
電話・ファックス 092-822-2313
営業時間 10:30~19:00
水曜定休
[PR]
by yurai-dou | 2013-10-08 18:40 | 器の紹介


うつわ屋ゆらり堂 店長のゆらゆら日記


by yurai-dou

プロフィールを見る

カテゴリ

宮内庁御用達 辻 常陸
ゴハンノウツワ展
急須・ポット展
古武雄焼
器の紹介
日々の泡
写真関連

人気ジャンル