辻常陸 作陶展 3日目

a0142763_2137646.jpg
染付福字四寸丸小皿揃 ¥20,000+税


まずは福。

とにかく福。

これだけ堂々と中央に描かれてあれば福が来ることに自信が湧いてきそうです^^

言霊信仰じゃありませんが、縁起の良い福文字を常に目にすればきっと福がやってくるかもしれません!

本日は辻浩喜さんに来て頂き、昨年と同様の濃ゆーいトークを繰り広げましたw

もちろん作品解説もしっかりとあって、お客様にもご満足頂けたと思います!

残り3日間、皆様のご来店を心よりお待ち申し上げます♪


うつわ屋ゆらり堂 初の個展

有田焼 宮内庁御用達 辻常陸 作品展

2014年12月11日(木)~12月16日(火)




うつわ屋ゆらり堂
〒814-0104
福岡市城南区別府1-5-3
電話・ファックス 092-822-2313
営業時間 10:30~19:00
水曜定休
[PR]
# by yurai-dou | 2014-12-13 21:46 | 宮内庁御用達 辻 常陸

オールシーズン

a0142763_18502579.jpg
染錦 市松春秋文蕎麦猪口 ¥15,000+税


春秋文(しゅんじゅうもん)

春のサクラと秋のモミジをひとつの空間に描いてあります。

春秋とはもともと

幾春秋を経る・・・何年も経つ

いたずらに春秋をかさねる・・・無駄に歳くっちゃった

などといった文章表現に使われるように

年月の単位をオサレに表現するものでした。


器をはじめ、着物や調度品などなど

四季の変わり目に合わせてモノを楽しむという日本の文化。

その都度替える事は、それはそれで楽しめるのですが

毎度毎度こだわってばかりじゃぁ、肩も凝るというもの^^;

たまには気も抜きたいわねーって思うのは今も昔も変わぬ人情なのです。


そんな先人の思いで生み出されたデザイン、意匠、春秋文。

春だけに!とか秋だけ!などといった堅苦しいことは言わなくて大丈夫!

この春秋文は、春と秋をひとつの空間に配置することで

通年(1年を通して)使えるんですよって意味なんです♪

蕎麦猪口としてだけでなく、茶碗蒸しにもデザートカップにも・・・

オールシーズン、多用途で使える逸品を今日はご紹介でした♪


うつわ屋ゆらり堂

有田焼 宮内庁御用達 辻常陸 作品展

2013年12月11日(木)~12月16日(火)


13日(土)は辻家の未来の十六代(イケメン)にもお越しいただきます。

ぜひぜひご来店くださいね!



うつわ屋ゆらり堂
〒814-0104
福岡市城南区別府1-5-3
電話・ファックス 092-822-2313
営業時間 10:30~19:00
水曜定休
[PR]
# by yurai-dou | 2014-12-12 19:14 | 宮内庁御用達 辻 常陸

有田焼 宮内庁御用達窯元 辻常陸 作陶展 2014

a0142763_1481765.jpg

うつわ屋ゆらり堂 有田焼 宮内庁御用達 辻常陸 作品展


とても好評だった前回の展示会から1年・・・

今年の作陶展は質・量ともにパワーアップしております!

2014年12月11日(木)~12月16日(火)

13日(土)は辻家の未来の十六代(イケメン)にもお越しいただきます。

ぜひぜひご来店くださいね!



うつわ屋ゆらり堂
〒814-0104
福岡市城南区別府1-5-3
電話・ファックス 092-822-2313
営業時間 10:30~19:00
水曜定休
[PR]
# by yurai-dou | 2014-12-11 14:13 | 宮内庁御用達 辻 常陸


うつわ屋ゆらり堂 店長のゆらゆら日記


by yurai-dou

プロフィールを見る

カテゴリ

宮内庁御用達 辻 常陸
ゴハンノウツワ展
急須・ポット展
古武雄焼
器の紹介
日々の泡
写真関連

人気ジャンル