白磁は白磁

でもピュアで真っ白な白磁でななく

鉄粉や小石などがちょびっと混ざっている

言うなれば「粗い」白磁。

a0142763_18562080.jpg
波佐見焼 一真窯 粗白磁飯碗



真っ白で透き通るような白磁ももちろん好きなのですが

こういった武骨な感じの白磁も好きなのです。

より白く、よりクリアにと、白の純度を上げていくことに心血を注ぎ

焼き物業界を発展させてきた技術者には申し訳ないのですが^^;


・・・って、ライカレンズにも同じような事があるんですよねw

レンズ設計者たちは、よりクリアに、よりシャープに撮れるように

技術向上をはかり精度を上げていってきた歴史があるのですが

ライカユーザーはたちは、古くに生産された性能の劣るレンズを

神格化して愛用しているのですw

ボケ玉とか、クセ玉とか呼びながら、ン十万も出して古いレンズを

買ってるんですよw

先祖返りしちゃった感じですねー^^;



でも、この粗白磁の飯碗はそんなに高くないですよ♪



うつわ屋ゆらり堂 ヒトツボ展♯3
ゴハンノウツワ
2014/3/20(木)~25(火)
10:30~19:00



お客様のご来店を、心よりお待ちしております!



うつわ屋ゆらり堂
〒814-0104
福岡市城南区別府1-5-3
電話・ファックス 092-822-2313
営業時間 10:30~19:00
水曜定休
[PR]
# by yurai-dou | 2014-03-22 19:26 | ゴハンノウツワ展

飯くらわんかー! 飯くらわんかー!

くらわんかー!ってのは

「え?!食べないの?!」

「うっそ!食べないの?!」

的な、少し挑発的なニュアンスがあるそうです。


ちょっと上から目線。

押し売り。

今の感覚じゃ信じられませんよね。


ここ4~5年、波佐見焼も世間に普及して

器が好きな方ならどこかしらで目にした事のある

「くらわんか碗」

江戸時代の大坂、淀川で、船旅相手に

ちょっとしたおかずを載せたご飯を提供する飯屋さん。

今で言うファーストフードみたいなノリですね。

その飯屋さんで使われていたのが「くらわんか碗」

そしてそのくらわんか碗の生産量の8割ほどを占めていたといわれるのが

波佐見焼だったわけですねぇ。


a0142763_1939026.jpg
波佐見焼敏彩窯くらわんか碗 左:藍花 右:りんご 各¥1,600+税


くらわんか碗はフォルムが特徴的なのです。

一般的な飯碗に比べると底の部分の幅が広いんですね。

上辺と底辺の比率が約2:1

これにはちゃんと意味があるんですよ。

大量に生産された業務用の飯碗を割れないように運搬する際

効率よく重ねられる形状で安定感があるように考案されたのであります。

a0142763_19425382.jpg


重なりがいいというのは、現代でも助かる話。

高さが出にくいので食器棚にも収納しやすいですもんね。

機能とデザインが両立されてますねー。

フォルムは当時のまま残しながらデザインを現代風にアレンジしてるのが

最近の波佐見焼のくらわんか碗なのでございます。



うつわ屋ゆらり堂 ヒトツボ展♯3
ゴハンノウツワ
2014/3/20(木)~25(火)
10:30~19:00



ちょこちょこ品切れの飯碗が出てまいりました!

気になる方はお早めに!


お客様のご来店を、心よりお待ちしております!



うつわ屋ゆらり堂
〒814-0104
福岡市城南区別府1-5-3
電話・ファックス 092-822-2313
営業時間 10:30~19:00
水曜定休
[PR]
# by yurai-dou | 2014-03-21 19:51 | ゴハンノウツワ展

本日スタート!ゴハンノウツワ展

今日から始まりましたヒトツボ展第3弾!

ゴハンノウツワ

波佐見焼を中心に、50種類以上のご飯茶碗を・・・って紹介は前に書きましたねw

小雨模様で、昨日までのぽかぽか陽気から一転、肌寒い今日でした^^;

スタートから小雨って・・・と心配になりましたが、午後からどんどんお客様に来て頂けました!

在庫数量が2~3個ほどある器も若干ありますが、1種類で1点ずつしかないものがほとんどでございます。

初日の今日、御来店頂いたお客様が選びに選んで、買って頂いた飯碗は1点在庫のものばかり!

お買い上げ頂きまして誠にありがとうございます♪


a0142763_1910953.jpg
波佐見焼 瑞幸窯 赤土十草飯碗 ¥1,400+税



赤土十草っていっても外側の柄が写ってないじゃないか~!

ってツッコミも甘んじて受けましょう!

だって、見込み(内側)の渦紋の方に惹かれてしまったのでありんす!

吉祥が永遠に続くように・・・渦紋。

エンドレスハッピーです、渦紋。

飾っておくだけで幸せがやってきそうな雰囲気ですw

もちろん外側のデザインも素敵ですよ!



エンドレスというフレーズを聞くと、必ず思い起こすのが真心ブラザーズ。

もうね、夏の定番曲ですよね。

まだ春が始まったばっかりですけどw





うつわ屋ゆらり堂 ヒトツボ展♯3
ゴハンノウツワ
2014/3/20(木)~25(火)
10:30~19:00



お客様のご来店を、心よりお待ちしております!



うつわ屋ゆらり堂
〒814-0104
福岡市城南区別府1-5-3
電話・ファックス 092-822-2313
営業時間 10:30~19:00
水曜定休
[PR]
# by yurai-dou | 2014-03-20 19:34 | ゴハンノウツワ展


うつわ屋ゆらり堂 店長のゆらゆら日記


by yurai-dou

プロフィールを見る

カテゴリ

宮内庁御用達 辻 常陸
ゴハンノウツワ展
急須・ポット展
古武雄焼
器の紹介
日々の泡
写真関連

人気ジャンル